準備・芝刈り
近年、サッカーグランドや学校などではティフトンが張られていますが落葉であるため、通年で常緑を維持するには秋に冬芝の播種を行います。

 以前はペレニアルライグラスやイタリアンライグラスの種を蒔いていましたが、近年では両者を交配した‘サツキワセ’を蒔くことが増えてきています。大きな機械で芝を刈れない箇所は、小回りの効く機械や人力で刈り、落ち葉やゴミも除去します。
芝刈り機草刈り機サツキワセ
大面積の芝刈り                   局部の芝刈り                サツキワセの種子

種子の播種
 サツキワセの播種時期は10月中旬から末にかけてが適期です。
播種後にトンボやブラシで芝の表面を撫ぜ、芝生の表面に留まっている種子が地表に落ちるようにします。

播種                        トンボでの種子落し込み

目土と養生
 芝の種子の上からかける土を目土(めつち)と言います。
一般的にはふるいにかけた真砂土(花崗岩が風化した土で、埋め戻しなどで使われる土)を用います。
弊社では、一般的な建材店では在庫していないことが多いですが、山砂を用います。
 山砂は細かいため、ティフトンの葉の隙間に入り込み、種子を保護します。化成肥料を目土に混ぜて敷くこともありますが、芝生の種子が肥料やけする可能性もあるため、二度手間になりますが化成肥料の散布は発芽後にします。

 踏圧からサツキワセの芽を守るために養生、目土がよりティフトンの葉の隙間から地表に入り込むためにも散水します。

目土入れ                      散水                    播種後2週間

堺市東区 (`10年 平成22年10月作業)実質工期:1日 発注:堺市教育委員会