大面積で緑化をする場合、一番問題になるのが土壌の重量です。
また、一般の地盤と環境が異なるため、土壌が乾燥しやすかったり、乾燥した土壌が強風で飛散したりします。また、土壌が流亡した際排水溝を塞いだりして下階に影響をもたらしたりします。
 また植栽も乾燥に強い樹種を選択するなどの配慮が必要となります。