ブロック塀の塗り替えの工程を紹介します。
 ブロック塀の表面をモルタル塗りし、表面をタイル柄の吹付け、裏面をボンタイル吹付けにしています。天端はブロックへの雨水侵入防止や、吹付け面の汚れ防止のためにモルタルで笠置きを設けています。
症状
 ブロック塀の基礎沈下により、表面に縦亀裂が…笠置も割れ、雨水がブロック内に侵入、下地のモルタルが浮き上がり剥離しかかっています。また内部に溜まった水分でモルタルの石灰分が溶け出し、表面に浮き出たり、白華現象も見られます。」

 
笠置のヒビ割れから雨水侵入            白華や下地モルタルの剥離        穴を明けて水を抜きます         

撤去 
 
既存の笠置を撤去               石の笠置を据付

下地
 剥離したモルタルを捲った部分は厚塗り#30モルキープ、

その他の部分はライトセメント10番の薄塗りを…
 
厚塗30 モルキープ               ヒビ割れ部はVカットして補修         ライトセメント#10 

仕上げ  
今回のはスクラッチライン仕上げ=c


材料検収                    パターンローラーと入隅用シート      配合や水の量も仕上げ別の施工指示書が…


先ず塗り付け                  パーターン付け  天端のフェンス下や入隅などローラーが入らない場所はシートで…

完工
トップコート(保護材)塗り             完工(全景)

兵庫県猪名川町 (`15年 平成27年5月完工)実質作業:4日