造園  [和風] リフォーム

電話をかける

電話をかける

造園  [和風] リフォーム

造園  [和風] リフォーム

総数12件 1 2

 仕事の第一線から退かれたご夫婦が、旅行などで長期に外出することも多くなったため、従前の植栽スペースの撤去と、景石の撤去をして欲しいと依頼がありました。
 新たな植栽はせず敷地内の灯篭を建物側に移設、竜安寺垣を新設すると共に既存の台杉等を剪定しました。

殺風景な庭でした                 モルタルで軽量土を止めていました     手前の景、借景が融合

豊中市内 (`11年 平成23年10月完工)実質工期:2日

 縁側は東向きにあり、先代が残した個性的な枯山水の石組み南側から見るようになっています。石組みを残すように、分割してリフォームするようにお勧めしました。
まずは雑草などの管理負担が少しでも軽減されるように、石敷き工事を先行しました。

Bffore                       After                        After 東側道路面より

川西市 (第1期:`10年 平成22年3月完工) 実質工期:4日

大学教授夫妻から庭で読書をするための椅子のデザイン依頼があり、置く場所を見せていただいきましたが、竹垣(人造)は傷み庭の樹木もなんとなくしまりがありませんでした。建物の内と外が明確に分かれすぎ殺風景に見えました、古くから日本家屋には‘内と外を繋ぐあいまいな空間’が存在しました。深い庇であったり、濡れ縁がありましたが現代の‘和風住宅’にはそこまでの設えはありません。そこで内と外を繋ぐ新しい空間として、藤棚の増設、石張りテラスの拡張を提案しました。

見慣れた庭も藤棚の柱で、額縁に収められた一幅の絵画のように映ります。
和風庭園に新空間和風庭園に新空間和風庭園に新空間
Before                       After                       After

`09年9月完工(宝塚市)実質工期:7日

第1期工事 分割
10年以上前に和風庭園付きの住宅を購入。数年前に庭の南側1.5m分の敷地を買い足しましたが、低木を植え足すに留まっていましたが、南側にも家が建ったため、目隠しと1.5mの土地を生かすリフォームにしました。
 東半分はリビング前にあたり、菜園をしていましたがお孫さんが遊べる空間に…と、また掃き出し窓にパーゴラもあることから洋風うにリフォームしました。


Before  東                   After 東                    ディティール

Before 西                 After 西
吹田市 (第1期:`09年9月) 実質工期:5日

第二期工事 和風庭園の充実
 既存つくばいが和室の真正面に見えるように配していたので、建物から離すとともに、斜めにふって据え付けました。

正面を向いたつくばい          つくばいの移設                    After
(第2期:`10年4月) 実質工期:1日

第三期工事 前庭
第三期は前庭リフォームでアンティーク水鉢で睡蓮を愛でる≠リフォームさせていただきました。


(第3期:`12年1月) 実質工期3日

第四期工事 茶道具入れのリフォーム

第五期工事 新築に伴う庭園リフォーム
新築に伴う植栽
高低差をデッキで解消
庭園の高低差解消

他社でお考えの方、まだ、迷われている方も…  相談ください。

お問い合わせは → info@artech-nishikawa.com

総数12件 1 2