造園 デザインのヒント

電話をかける

電話をかける

造園 デザインのヒント

造園 デザインのヒント

総数5件 1

現代社会における「衣・食・住」
 年々私たちの暮らしは豊かになっている反面、「衣・食・住」の面において安価≠ニ高級志向≠ニ二極化されています。
「衣・食・住」の「住」は昔に比べ建売住宅や、プレハブ住宅が普及し、効率的で安価に住まいの環境が提供されてきました。
「衣」でもファストファッション≠フ登場で、流行を意識しつつも安価な衣類を手に入れることができます。
「食」でも流通や冷凍技術の進化で安価な輸入食材≠ェ私たちの食生活の選択肢に幅をもたらせました。コンビニ食やファーストフードなども充実する反面、それらはジャンクフード≠ニ呼ばれ、今もなお需要は増え続けていますが、健康な食生活とは程遠いもので、子ども達の未来を考える上では、出来れば避けたいものです。
 「住」にもジャンク≠ェないでしょうか。プラスチックやビニール、フェイク素材はお手軽で、安く、メンテナンスいらずかもしれません、しかしそれに囲まれた生活を、「豊かな生活」と言えるのでしょうか。だからと言って、全ての素材が自然素材≠セと、価格、安定供給、管理コストなど不都合が多いと言えます。自然素材を用いるのが理想ですが、現代社会の中では素材の長所、短所を知り、適正なバランスの見極めが重要だと考えています。 今一度、生活する上での‘ゆとりと潤い’‘安心と安全’について考えてみたいものです。

庭とは…


 敷地内の建物が建っていない部分を「庭」と呼び、学校≠教えの庭≠ニ言う様に、本来は「場」を表す言葉であり、植物の有無とは関係ありません。
 一方、「家」(HOUSE)は単に住むための「器」に過ぎませんが、「家」(HOUSE)「庭」(GARDEN)と結びついてはじめて、「家庭」(HOME)となります。
 そう考えると「庭」は生活する上での‘ゆとり’‘潤い’の部分になります。「庭」は大小、植物の有無にかかわりなく、私たちが生活する上での‘ゆとり’の部分。心癒されたり、和まされたりし、リフレッシュできる空間。子ども達が遊んだり運動できる安全で快適な空間。屋内スペースでは満たせない機能を補うスペースでもあるのです。

庭と外構の機能と役割
(1)生活的機能
   ・屋外生活の場として
   ・遊び場、スポーツの場として
   ・子どもの学習の場として
   ・植物の栽培や小動物の飼育の場として
   ・生活上の必須の場として(駐車・駐輪、物干しスペースなど)
(2)心理的機能
   ・憩い、癒しの場として
   ・四季を感じる場として
   ・自然の音を楽しむ場として
(3)物理的機能
   ・生活を守る場として(プライバシーなど)
   ・気象調節の場として
   ・防火・防災スペースとして

庭園デザインの条件
大きく分けて、以下の4条件を踏まえて計画・デザインする必要があります。

(1)自然条件
   ・気象・気候(日照、気温、湿度、降水量、風向、方位)
   ・土地(地形・地質、地積、水質、地下水位)
   ・植生(自然植生、人工植生)
(2)社会条件
   ・法的規制
   ・隣地、近隣の環境
   ・周辺道路
(3)文化条件
   ・歴史的背景
(4)個人的条件
   ・家族構成・年齢・職業
   ・趣味・教養
   ・予算

かつての日本家屋と庭について

日本の家は夏を旨とすべし°g田兼好の徒然草が書かれた鎌倉時代は現代日本より冷涼だったと言われています。高温多湿の日本の気候のもとで在来工法(木造軸組工法)は深い庇と大きな開口部、風通を考慮した間取り、縁側や濡れ縁など「内」と「外」をつなぐ曖昧な空間が存在し、土壁による湿度調整されてきました。
 しかし、昨今の建築は材料や工法が変わると共に、耐震に対する法規制や防犯、空調設備の普及で開口部が小さくなり、「内」と「外」が明確に分かれてきました。また、都市部では一戸当たりの敷地面積も狭いため庭を作るスペースも狭い上、雑草の管理やメンテナンスの費用もかかるため敬遠されがちです。
 
アーテック・にしかわの提案 −外庭、外庭外構のすすめ−
 弊社では植栽スペースを限定されているお客様に、家の外から見せる外庭≠提案。街並み緑化に寄与しながら、
外庭≠ェ家の価値を高める外庭外構≠積極提案しています。

 今から12年以上前の話になりますが、高級住宅地の幹線道路沿いの、鋭角に飛び出た角地で、木製ラチス設置の見積もり依頼をいただきました。お客様はバラの愛好家で見積もりは確か7社競合だったと思います。おそらく他社さんはお客様が望まれる通り高生垣と立派なサルスベリの木を撤去し、鋭角の敷地いっぱいに高さ1.8mのラチス施工の見積もりを出されたと思います。
 弊社ではウェルカムツリーとしてサルスベリの木を残し、鋭角に飛び出た敷地をラチスで囲わず、外から見せる庭を提案しました。また、実際に出入りするわけではありませんが、アイストップとして木製アーチ&ドア、ラチスの上にもパーゴラを提案し、採用していただきました。後日、お好みのバラをを植えられご近所でも評判のローズガーデンになっています。家の中から楽しむ庭から、家の外から街の人にも楽しんでもらう庭に… 庭の手入れをしていると見知らぬ方からもお声掛け、お褒めいただけると、大変喜んでいただいています。また、家をよりよく引き立てる為、資産価値の向上にも繋がります。

幹線道路の高級住宅地に面する       アーチとパーゴラの高さを微妙な調整で   毎年工夫して今ではバラの名所に… 
 
クローズタイプの外庭外構

角地の新築外構(堺市東区)        セットバックスぺースを庭に(吹田市)     レンガ積みの門塀をデザイン化(奈良市)

セミオープンタイプの外庭外構

古材をリユースしたリフォーム(茨木市)   植栽と一体化した新築外構(京都)     アクセントとなる樹木(吹田市) 

オープンタイプの外庭外構

古材を使った角地の新築外構(奈良)     外庭に植栽補植(箕面市)          アルミ枕木で樹木が見え隠れ(富田林市)

お庭でクッキング
 バーベキューの炉や、ベンチ、水回りを充実させてれば自宅でアウトドアクッキングも…

ベンチと水周り(箕面)                バーベキューの炉(箕面)          バーベキューの炉(京都)

お庭でコミュニケーション(ベンチ)
 ベンチを作ることでお庭に出る楽しみが増えるだけでなく、庭の添景にもなります。


ベンチと花台(箕面)              ベンチと立水栓(豊中)             ベンチと花壇(吹田)


読書ベンチ(箕面)               マンション共用ベンチ(東淀川区)         ムク石ベンチ(茨木)

夜景を楽しむ(ライトアップ)
 
創立50周年記念石碑(堺市市立中学校)   シティーホテルの前庭(LEM空間工房とコラボ)      古瓦のオブジェ塀の外構

 
コニファーガーデン 

 
オープン外構アクセント門柱

 
開放感のある角地のセキュリティー外構

(1)スペースの把握
 正確な寸法測定が必要です。柱や排水口、エアコン室外機の位置・寸法など、ユニット式のタイルの割付け・枚数、カットの有無などを考慮しなければなりません。また、マンションやビルの避難ハッチや蹴破り戸などの避難経路を塞がない配慮が必要です。

(2)生活スペースの確保
 ベランダは洗濯や布団を干したりする、生活のスペースでもあります。すべてが植栽や家庭菜園では生活に支障をきたしますので、充分な配慮が必要です。

(3)植栽を育てる
 想像以上に乾燥したり、直射日光を浴びたり、風が強かったりするため、それらに強い植物を選択する必要があります。 区画を設けて樹木を植えるには、相応の土を入れる必要があり、ベランダや屋上への過重負担の軽減の為に軽量土を利用することもできます。鉢植えやハンギングバスケット、プランターの管理が容易なもの上手く使う事をお勧めします。

(4)ジョイントタイルを敷く
 コンクリートや防水シートの見た目を変えるだけでなく、表面保護の為にもジョイントタイル(磁器質タイル、天然木、天然石材)や人工芝等を敷く事をお勧めします。

(5)ラチスや板塀
 一般的な手摺はいずれも無機的な素材が使われがちですが、ラチスや板塀など自然素材を組わせて、垂直面を覆うことで、庭の背景は大きく変わります。強風などで部材が飛ばされない様な取付が必要です。エアコンの室外機も同様に、機械の性能に影響が出ない程度に木製やアイアン製のカバーで設える事も必要です。

(6)日除け対策
 ベランダに日除けを作ることで快適になります。以前はよしずなどを建てかけるのが主流でしたが、オーニングや、手すりや掃出し窓に取り付けるシェードもあり、場所を取らないのが魅力です。

(7)照明器具で光の演出
 夜間は部屋内より暗くなるため庭が見にくくなりがちです。電源が無い所でもソーラー式の照明など取り入れることで、夜のベランダガーデンを楽しむことができます。

(8)ガーデンファニチャー
 ガーデン用のチェアやテーブルで憩の一時を…ただし、小さなお子様のいるお宅では、ベランダ手すりを乗り越える足掛かりにもなるため、設置は慎重にされる様にお勧めします。




 弊社が用いる手法で、小面積にレンガ小端立てを組み合わせて敷くことがあります。
レンガの種類やその目地によって異なる雰囲気をご覧ください。

 
真                         行                         草

総数5件 1