あーてっく日記

電話をかける

電話をかける

あーてっく日記

総数1686件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338

 完工した外構介護リフォームで屋外スロープに取り付けたマツ六社製の屋外遮断機式手摺を紹介します。杖や手摺を使って自ら歩行する場合や、車いすを使っての介助をする場合は、今回新設したスロープを使えますが、将来的に介助の形態が変わったり、大きな家財の出し入れが必要になった場合、手摺が付いていれば正面からの出入りができなくなりますが、今回は遮断機式手摺を採用することで、新たな動線が確保できるようにしました。

  

 アプローチの直階段を、横入りのスロープに外構介護リフォームしたお宅は、室内居間入口の敷居も撤去しバリアフリー化。

  


 堺市中区の、前面道路までの距離が無いアプローチ階段を、横付けのスロープに改修、手摺を取り付けたリフォーム。引き続き、部屋内の玄関、便所、浴室にも手摺の取付をしました。

  

 枚方市内の大阪北部地震のRC擁壁の被害です。高さ1.9mのRC擁壁の上に15cmブロックを3段、更に10cmブロックを5段積んでいますが、写真の斜めのひび割れは擁壁、横のひび割れは擁壁と15cmブロックの境です。



高槻の小学校の倒壊したブロック塀にも言える事ですが、一番避けるべきは縦の鉄筋を継ぐ事です。積足したブロックが余震などで倒壊する危険性があります。取り急ぎ上部のブロックの撤去の必要性があります。

 先般の大阪北部地震の被害から、建築と耐震について考えさせられました。東日本大震災では仙台や茨木で約3日月,熊本地震では約1週間でしたが建物の被害について調査させていただき機会がありました。学生時代、建築を計画する上での優先順位として、「安全」「衛生」「利便」「快適」の順であると学びましたが、一般には「コスパ」「快適(デザイン)」「利便(メンテ、使い勝手」「衛生」「安全」の順で重視されている様に思います。
 また、熊本地震でも実感しましたが、鉄鋼建物の被害が大きく、補修工事も困難で、工事範囲が大きくなる様です。鉄骨ALC建築は開口部(窓周り等)の被害が大きく、ここでも各窓間の壁が×状にひび割れています。

 


建築は気候・風土に合った工法・資材が最もその土地に馴染むと考えられます。

総数1686件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338