外壁・屋根塗装

電話をかける

電話をかける

外壁・屋根塗装

外壁・屋根塗装

総数19件 1 2 3

 
事前の天井・壁面清掃前               天井・壁面清掃後              周辺養生

 
下塗(シーラー)                中塗・上塗(水性塗料)            完工

大阪市内 (`15年 平成27年1月完工) 実質工期:3日

 夢のマイホームを手に入れて毎日快適に過ごしている方は多くいらっしゃると思います。
私たちにとって大切なマイホームはいつまでも長持ちさせたいものです。こちらでは、私たちの資産となる大切な家について紹介しています。
家の寿命を知ろう

 マイホームを手に入れたら、多くの方ができるだけ長持ちさせたいと考えます。特に内装にこだわった家なら、いつまでもマイホームで快適な生活を過ごしたいと思うのではないでしょうか。しかし、日本の家は海外の家とは違い、寿命が短いといわれているのです。
例えば、先進国5カ国の住宅寿命年数を見てみると、日本の住宅が27年なのに対し、アメリカは103年、イギリスが141年、フランスが86年、ドイツが79年となっています。圧倒的に他の国よりも日本の住宅の寿命が短いことが分かります。



日本の家はなぜ寿命が短いのか?

 日本の家が短命になってしまった理由はいくつかあります。まず考えられるのは、日本の住宅の多くが戦争後に建てられたものだということです。当時の人は家を建てる際、子供や孫に受け継ごうという発想がなく、自分たちの代だけの住宅を建てるという価値観で家を建てていました。そのため、耐久年数の低い住宅が増えて住宅の寿命が短くなってしまったのです。
また、家への愛着の低下も原因の1つといえます。 逆に海外の家は寿命が長いですが、その理由としては単に長持ちするだけではなく、きちんとメンテナンスを行っているからこそ長持ちさせることができるのです。海外の家は長く持たせるために外壁を塗装して、自分好みにリフォームしているのです。





家の寿命をのばす為に
 家を長持ちさせるコツとしては、外壁塗装や屋根塗装、リフォームをする方法もあります。屋根なども定期的に塗装をすることで家の景観を保つことができますし、いつまでも機能的に使うことができるのです。うまくリフォームや外壁塗装などをして、資産となる大切な家を守っていきましょう。

 屋根にはデザイン性だけではない、いくつかの役割があります。下記では、その屋根の役割をご紹介します。
様々な自然環境から住居を保護する

 屋根には、様々な自然環境から住居を保護するという役割があります。屋根は晴れた日の紫外線をはじめ、雨や雪、また熱気・冷気などの外気温から住居を保護します。さらに、日本で多い自然災害の1つである台風の強い風からも住居を守ります。したがって、屋根の塗装が劣化してしまうと、屋根は自然環境によるダメージを受けやすくなってしまうのです。


衝撃から住居を保護する
 上記でも申しあげたように、日本は台風が多い国です。台風時は皆様ご存知のように、様々な物が風によって巻き上げられます。そのような物が落下すると非常に危険ですが、屋根があることで飛来物を防ぐことができます。しかし、屋根の塗装が劣化してしまうと、屋根の衝撃に対する性能は低下することも考えられます。
 このような重要な役割を私たちが暮らす家の屋根は担っているのです。例えば、屋根のないオープンカーをイメージしてください。オープンカーのように屋根をオープンにしたままの状態で生活をすると、直射日光に晒され、雨風が容赦なく家の中に吹きつけます。さらには、上からの衝撃にも耐えることもできません。
 屋根があることで私たちの暮らしは安全性・快適性を保つことができているのです。そんな重要な役割を担う屋根ですから、しっかりメンテナンスすることが大切です。

 自宅は周りから干渉されずに自由な時間を過ごすことができる空間です。特に自分の部屋にはこだわりを持っている方も多いでしょう。好きな色、好きな香り、好きな置物など趣味を楽しむこともできます。しかし、そんな空間も月日が経てば劣化して修繕が必要になります。一番多い修繕理由が雨漏りです。屋根や外壁は日光が直接当たるので劣化が激しい部分でもあり、その部分から水が侵入してくるのです。ここからは外壁塗装と雨漏りの関係について紹介します。




気づきにくい屋根の劣化
 普段から目の届く壁の劣化に気づくことはあるかもしれませんが、住宅の屋根は登らなければ劣化に気づくことはできません。
まずは一番劣化しやすい部分が屋根だと把握しておくことが大切です。万が一雨漏りが発生しはじめると水滴が垂れてこなくとも、天井部分が変色している場合があります。日頃から注意してすぐに業者に相談することをおすすめします。
今では様々な種類の塗料があり、劣化が少なければ大工事をせずに屋根塗装だけで修理することが可能なのです。


外壁からも水が侵入

 外壁塗装と雨漏りは関係があるのか疑問に思う方もいるでしょう。それは雨漏りが屋根の劣化が原因で発生していると決めつけているからです。例えば普段雨降りの日には雨漏りしないのに、台風など風が強く横なぐりの雨の日に雨漏りが発生するとしたら原因はどこにあると考えますか。屋根が原因なら両日雨漏りが発生するはずなのです。そのような状態の場合は屋根ではなく壁に劣化がある可能性が高いのです。当社では外壁塗装の際も雨漏りのことまで注意を払いながら丁寧に仕上げます。



シロアリ防止にも
 上述したように外壁塗装や屋根塗装が内部に水の侵入を防ぐサポートをしてくれるのです。木材を多く使用している住宅は特に注意が必要なのです。ご存知だとは思いますが木材の大敵でもあるシロアリの存在です。深刻なシロアリ被害の場合はリフォーム工事や外壁塗装だけで済まなくなってしまう場合があります。大切な住宅を守るために定期的にメンテナンスを依頼するのもおすすめです。
住宅を守るサポートをしてくれる外壁塗装のメリットは他にも沢山あります。

 大切な家が害虫被害にあったという方は少なくありません。特にシロアリは建物を破壊してしまう恐ろしい害虫です。
ここでは害虫被害とそれを予防するための外壁塗装について考えたいと思います。

 ご自宅の外壁塗装や屋根塗装などのリフォームを検討される場合、同時に行ってしまうのがおすすめです。
こちらでは、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットについてご紹介します。

外観の美化と屋根の寿命

 外壁と屋根の塗装を同時に行うと、塗装のバランスを保つことができます。住宅において内装はもちろん重要ですが、自宅の顔とも言える外壁も同じくらい重要です。外壁と屋根をそれぞれ異なる時期に塗装してしまうと、見た目のバランスが崩れて美しく見えない場合があります。また、塗装には見た目を美しくするという以外に、耐久性を補うという機能を備えています。
 直射日光または雨風にさらされている屋根は、屋根塗装が劣化していても気がつきにくい部分です。外壁塗装も屋根塗装も、一度施工をすれば終わりということではありません。
長年住み続けるためにも、漏水防止やメンテナンスをかねて、定期的に塗り替えが必要なのです。







養生と足場の設置費用節約
 当然ながら外壁と屋根の塗装を別々に行うのでしたら、2回分の養生と足場設置費用が必要になってしまいます。
外壁塗装の後に屋根塗装をするとなると、屋根を高圧洗浄するために養生シートで覆いますが、外壁に飛び散った細かい汚れを清掃する必要があります。そのため、外壁と屋根それぞれで洗浄剤が必要になります。ところが、外壁と屋根の塗装を同時に行えば、設置費用と清掃は1回分しかかからないため、費用を抑えることができます。 トータル的な費用を節約しましたら、その分で耐久年数の長い塗料へグレードアップさせられるのも、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットです。

 外壁塗装で多い失敗が「色選び」です。「塗ってみると派手すぎた」「イメージと違う」などの声はよく聞かれます。では、どのようにすれば外壁塗装の色選びは失敗しないのでしょうか。ここでは、色選びで失敗しないためのポイントを解説します。

塗らない場所とのバランスを考える

 外壁塗装では塗装を行わない箇所があります。具体的にはサッシやドア、玄関タイル、屋根瓦などの箇所には塗装をしません。
外壁塗装の色選びでは、そのような塗装をしない箇所とのバランスを考えることが大切です。色には組み合わせが合うものとそうでないものが確実に存在します。仮に、色の組み合わせが合わないものを塗装してしまった場合には、せっかくの外壁の美しさを損ねてしまうことが考えられます。そのため、色のバランスや相性をしっかりイメージしてから塗装は行うようにしましょう。また外壁塗装の色選びを行う際には、周囲の建物との調和も考慮することをおすすめします。


面積効果を考える
 人の目は同じ色のものでも、小さな面積は暗く見えて、大きな面積は明るく見える錯覚を起こします。それがいわゆる「面積効果」です。外壁塗装で色選びをする際は、その面積効果を考慮する必要があります。塗装の色はカラーサンプルを用いて選ぶことになりますが、カラーサンプルは実物の家と比較して面積が圧倒的に小さくなりますので、カラーサンプルのイメージだけで色選びをしてしまうと思わぬ結果になる場合があります。
 したがって色は面積効果を考えて選ぶようにしましょう。上記のポイントをおさえておくことで色選びはイメージ通りの塗装が行いやすくなりますので、外壁塗装の際にはぜひ実践してみましょう。

総数19件 1 2 3